湘南で、住まい・暮らしのトータルサポートショップ ! 小林建設/コバケン=安心で快適な生活をお約束します。

研修旅行(2日目)

研修旅行(2日目)

文字サイズ:

5月25日(土)AM9:00、宿泊先を出て先ず向かったのが、いわき市平薄磯地区の3.11被災地の視察です。
ここは、夏になると多くの人で賑わう海水浴場で知られている所でした。


当日は、晴天に恵まれて平薄磯海岸の海は穏やかでした。

穏やかな海


海岸には、当時のままの海水浴監視塔が、津波に流されないで残っています。

海水浴監視塔


海岸線沿い内部住宅地は、津波で家が流され、基礎だけが取り残されています。

取り残った家の基礎


地域一面、残っているのは家の基礎だけです。

地域一面


震災(津波)を忘れてしまいそうな穏やかな天気の中、住宅跡を花壇のように花が咲いていました。

基礎の花壇


海岸線沿いから直ぐに有る中学校、特に体育館の出入口付近の破損は酷く見えました。

破損された中学校

当日・当時刻、生徒達は、何をしいて、どの様な状況・状態で、どうしていた(なっていた)のかと思うと、同じ年の子を持つ親として、非常に心が痛みました。


塩屋埼灯台の下に美空ひばりさんの銅像と、ひばりさんが歌った、みだれ髪の石碑が立っています。津波に呑まれたそうですが、奇跡的に無事だったとのことです。

みだれ髪石碑


次に一行は、小名浜まで南下(移動)して来ました。

いわきマリンタワーから、三崎公園望む


三崎公園内の、いわきマリンタワー(60m)からの一望は、とても壮大で小名浜を180度見渡せます。

いわきマリンタワーから、小名浜港望む


小名浜港から見た、いわきマリンタワーです。

小名浜港から、いわきマリンタワー望む


いわき・ら・ら・ミュウという処で昼食をすませ、今回の研修旅行最終の目的地、アクアマリンふくしま(水族館)で海の生き物を観賞しました。

アクアマリンふくしま(水族館)

土曜日の晴天にも関わらず、平薄磯海岸は別としても、「三崎公園・いわきマリンタワー」、「アクアマリンふくしま」といった行楽地にも、家族連れの姿や子供達や若者達だけで遊びに来ている姿が少ないのは、やはり、震災の傷が残っているからなのでしょうか。聞くだけと、来て視るでは、大きな違いが有るのを思い知らされて、帰って来ました。

コメント


認証コード3120

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional